森と集合意識

もういらない集合意識からの脱出

集合意識はやっかいです。

いくら自分が変わろう成長しようと思っても、集合意識というのはほとんどの場合「過去の自分のバックアップ」として作用します。

家族の集合意識、学校の集合意識、地域の集合意識、会社の集合意識などなど。

それはそうです。考えてみれば当然、それらの集合意識はあなたに変わってもらったら困るのですから。あなたが変わると、今までのデータとの整合性がとれなくなるので。なので、ほとんどの集合意識は、変わろうとするあなたを元に戻そうと働きます。身体のホメオスタシス(恒常性)と一緒です。

やっかいでしょう?

なので、仏教では出家しますし、修験道では山に籠もったりするんですね。俗世との縁を断ち切るというのは、集合意識からの離脱なんですね。

それくらい、集合意識というのは力強くあなたを引き留めようとするのです。


 何かを相談しようとするとき、自分と考えの近い人や、仲が良い人、距離が近い人を選ぶと思います。これが実は、集合意識に取り込まれる機会を作ります。取り込まれるというか、もう取り込まれているのですが、さらにそれを強化することになります。

ここ重要なので詳しく説明します。

あなたが何かを相談しようと思うとき、それは「あなたが変わりつつあるとき」ですよね。何かしら変わりつつあるので、軸が揺らぎ、不安になって相談する。

しかしそこで、過去からの友人(会社関係とか、家族とか)に相談すると、「あなたが変わらない方向」に導かれてしまうことが多いはずです(表面的では無い本当のあなたを識っている=視野が広い人以外)。集合意識ですね。

同じような考えの人に相談して、自分の考えを支持して欲しいというお気持ちはよくわかりますが、もし変わりたいとお考えなら、これがあまり上手い手では無いことがおわかりになると思います。


変わろう(進化しよう)とする人たちの集合意識に入るという手もありますが、ここ良さそうかなと思って行ってみたら、それこそ泥沼のような集合意識だった!!とかもありますので、抜け出る余計な手間が増えただけということだって普通にあります。


経験上、一番のおすすめは、「森に行くこと」です。

実は、森に入ると、全ての集合意識から外れ、森(樹、植物、鉱物、動物)の集合意識に入ります。なので、森の中では独りになった方が効果が高くなります。人がいると、その人との集合意識(意識が開いていて森に溶け込める人なら問題ないです)が歴然とありますので。

特に話をしてしまうと、思考が働き、今までのパターンが出てきてしまいますので、1時間なり2時間なりは、独りで、スマホもいじらず、時計も見ずに、「何も考えずにただ感じるままにいる」(森の集合意識に溶け込む)ことをおすすめします。

2016/09/18 森林 One Day リトリート

なぜ、「何も考えずに」なのでしょう?

思考が起こるとノイズが起きてエネルギーの流れが滞り、問題が発生する。

思考が起こるのは脳です。思考は脳の電気信号なのですが、いつも同じ事を考えていると、そこに電気信号の通りやすい道(ルート)ができてしまい(思考パターンの生成)、その後は自動的にそのルートを通るようになります(思考パターンの固定化)。つまり、性格が固定されてしまうということです。

折角良いエネルギー状態になりつつある時に、思考が起こり、元の固定化されたパターンが働くと、そのエネルギーの流れが阻害されてしまい、滞ったところに問題が発生します。

この固定されたルートを解除するのに一番良いのが意識を変えること、環境を変えることですが、これを自力でやろうとするのはかなり難しいです。どうしても慣れ親しんだパターンに戻ってしまう(電気信号が流れ易いルートがすでにあるので)。

これにも良い手があります。

森です。

都会育ちの人こそ森に行くべき理由

特に都会暮らしの方が森に入ると、今までの環境とは全く違うので、意識状態も全く変わります。自動的に意識が開くので、固定化された意識・思考パターンが起こりにくくなります。

もちろん無理矢理いつもと同じ事を考えようとすればできる状態ですから、独りで行くのがベストですが、誰かと行く場合、なるべくいつもの(集合意識が同じ)友人ではない、全く集合意識の違う人と行くようにしてください。

例えば、家族の問題で悩んでいるとすれば、家族では無く、そのことを相談している人では無く、相談しようとしている人でも無く、全く無関係の人と。

とにかく、あなたの今までの思考パターンを全く知らない人です。ここは念を押しておきますが、これは、ある森に入ったときに、お二人で何かの問題を話し合っている方がいらっしゃったのですが、お二人の世界ができあがってしまっていて、周囲とは全く調和していないという状態を見てしまったからです。その時に、集合意識ってすごい強固なのだなと思いました。ちらっとお話も聞こえたのですが「だから昨日も言ったけど」とか「前も言ったよね」のような言葉ばかりでした。

よく、「潜在意識を変えれば~」とか「潜在意識で~」という本を見かけますが、潜在意識を変えたのに上手くいかなかった、何も変わらなかった、あるいは元に戻っちゃったという方、集合意識も替えないと、元の木阿弥になっちゃう訳がこれでおわかりになったと思います。



 これからの時代、潜在意識では無く、集合意識がキーワードなのです。




森で過ごすと、なぜだか心からホッとする。深い安心感と人生の方向性が得られる、つながりを思い出す旅「森のリトリート」
http://greenz.jp/2016/06/12/morino_retreat/

日本発祥の森林浴、アメリカでも「Shinrin-yoku」として大ブームに
http://www.mag2.com/p/news/198760

「自然の中の3日が問題解決能力を高める」米研究者
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO99919320R20C16A4000000

Re:Creation

森に入ると、自然と意識が開き、いつもの窮屈な自分の枠が壊れ、自由な豊かさのなかで、圧倒される様な美しさと出会う

それは、本当のあなたとの初めての出会いであり、源との邂逅でもある
 
そして、あなたは、再び創造の旅へと向かう